メシマコブの治療効果|免疫療法として注目を集めるキノコ

免疫力を高めるキノコ

スマイル

野生種は大変貴重

キノコはビタミンや食物繊維が豊富な食材として洋の東西を問わず広く愛されていますが、中にはさらに積極的な健康増進効果が期待できる種類のキノコもあります。漢方薬の材料としても有名な冬虫夏草などがその代表格ですが、最近になって注目を集めているキノコといえば、メシマコブを挙げることができます。メシマコブは長崎県の女島(めしま)に自生するキノコで、桑の木を宿主としてその幹に育ちます。バイオ技術が発達するまでは栽培が不可能であったため野生種は大変稀少でしたが、現在では比較的入手しやすくなっています。健康食品を扱う通販サイトなどを利用すれば、メシマコブの粉末や抽出エキスを配合したサプリメント、お茶などを入手することができます。

免疫細胞の力を強くする

これまでに行われたさまざまな研究から、メシマコブには身体の免疫力を高める成分が含まれることが分かっています。免疫力とは人体に備わっている自己防衛機構のことで、細菌やウイルスなどの有害物質が体内に入り込んでくると免疫細胞がこれを自動的に攻撃し、無力化します。メシマコブにはこの免疫細胞であるNK細胞やマクロファージなどの活性を高める働きがあるとされています。そのため、メシマコブを積極的に摂ることで細菌などを原因とする感染症にかかりにくい、丈夫な身体を保つ効果が期待できます。また、こうした免疫細胞にはがん細胞を攻撃する能力も備わっています。そのため近年はメシマコブの持つ抗がん作用を代替医療として利用しようという動きも広がっています。